日本に住んでいる人なら一度は名前を聞いたことがあるであろう「クロネコヤマト」
ヤマト運輸の宅急便サービスであるクロネコヤマトは日本を代表する宅急便サービスだということはあらためて細かく説明する必要は無いですよね。

ヤマト運輸 営業所一覧

ヤマト運輸の荷物を送りたいとき、受け取りたい時、追跡中の荷物がどの営業所を通過しているのか?
などを調べる時に便利なのが、ヤマト運輸の営業所一覧表です。

ヤマト運輸のホームページに一覧があります。エリアごとに担当サービスセンターや連絡先住所が記載されていますので、自分の家のエリアを簡単に知る事が出来ます。

営業所
ヤマト運輸には支社・本社の他に、クロノゲートベース・ゲートウェイベース、物流支店など、計6,449箇所もの事業所があります。

日本全国どこにいても、荷物を預けたり、運んだり、さらに不在の場合も無料で再配達してくれるのですから、とてもありがたいですよね
ただ、管理人はなるべく再配達の手間をかけないように配達時間には気をつけています。

スポンサーリンク






もし、再配達を希望するなら

当日中の宅急便の再配達は
  • インターネット受付
  • サービスセンターやドライバーに電話
  • 自動音声受付
の方法によって最終受付時間が異なる

ので依頼する時は注意しましょう!

サービスセンター、営業所、電話番号一覧はこちらから検索できます。

 
 

荷物の再配達の申し込み方法や受付時間については「ヤマト運輸 再配達」の記事で詳しく書いています。

 

余談ですが、

クロノゲートベースやゲートウェイベースは聞き慣れない言葉だと思います。これらはヤマトのバリュー・ネットワーキング構想から生まれた新しい物流システムのターミナルです。

簡単に言うと物流を進化させて物流という業種だけにとどまらず色んな業種とのネットワークを構築して、サービスに付加価値をつける。「物流の最適化」をめざした構想の一部にクロノゲートベース、ゲートウェイベースなどがあるという事ですね。