家庭菜園を初心者が簡単に始めるには

家庭菜園と言えば難しそうですが、簡単に育てられる野菜からはじめればせっかく植えた野菜が育たなかった、、、なんてことも、失敗もほとんどありません。

初めて家庭菜園をするならおすすめは「プチトマト(ミニトマト)」ですね。トマトは言い方が悪いですがある程度ほったらかしでも育っちゃうんです。他にもセロリやカリフラワーなどポリポットというビニールの鉢で苗を作ってから植えるのがおススメです。
その他にも高温性の果菜類であるナスやオクラ、なすび、きゅうりなどは苗から買って植えると手軽に菜園ができますよ。苗は茎が太くて、葉の緑色が濃いものを選ぶと育ちやすいです。

 



 

 

野菜は様々な種類があり、先ほど言ったように初心者向けの育ちやすい野菜を選んだりして自分の家庭菜園の知識や技術のレベルに合わせた野菜を選んでいくことが成功するポイントでもあります。

・プチトマト(ミニトマト)の植え付け

4月から5月ごろ

・収穫時期

5月から9月ごろが目安

苗の植え付けをしたら、簡単な支柱を立てます。ホームセンターなどにも売っている緑色の硬い棒です。苗が育ってきたら丈夫な本支柱に変えます。しばらくすると根元のほうからわき芽が生えてきます。成長の妨げにならないように根元の近くにあるわき芽は摘み取りましょう。栄養分を充分に行き届かせるためです。空気の流れも良くなって害虫の防止にも繋がります。

肥料は定期的に追加して与えていきます。成長してきて、下のほうの葉が黄色くなってきたら肥料不足なので肥料を追加します。
あとはしっかりと水をあげましょう。トマトが真っ赤になってきたらいよいよ収穫です♪

 

今回は育てやすいプチトマトを例に説明しましたが、ホームセンターの菜園コーナーや野菜の種や苗を売っているお店などでは初心者向けの野菜コーナーなどもありますので、そういったところで探してみるのもおすすめです。